パーツ

  1. 細い

    10万円が支給されるので、GPZ400のタイヤ交換の依頼を受けました。履いたタイヤはGT601アローマックスです。 う~ん、細い!リヤタイヤは、今のバイクのフロントタイヤよりも細いです。時代を感じます。当時はこのサイズで峠をガンガン走っていました。

    続きを読む
  2. やっと外れました

    セルモーターが空回りしてしまうV-MAXが入庫。スターターワンウェイクラッチ不良が原因とすぐわかりましたが、V-MAXのローターを外すのにいつも苦労します。案の定専用工具を使って作業しますが、なかなか外れません。ヒーターガン(工業用ドライヤー)でローターを温め、膨張させて外しました。

    続きを読む
  3. クランクシャフトオイルシール

    オイル漏れで入庫のアドレスV50。エンジンの右側がオイルでビショビショ。場所を特定するため脱脂して、減ったオイルを継ぎ足すと・・・。エンジンを始動していないのにクーリングファンの辺りからオイルがドバドバ漏れてきます。

    続きを読む
  4. 爪とぎ大好き

    写真の爪とぎが大好きなクルミ。いつもバリバリ爪をといでいます。家の2か所に置いています。この爪とぎのおかげで壁や家具などでの爪とぎはありません。非常に助かっています。

    続きを読む
  5. 短足

    今シーズンのライディング用に手に入れた、ヤマハブランドのタイチ製ストレッチジーンズ。丈詰めをしたところ、裾部分の反射テープがほんの少ししか残っていません。ライディング用に普段履きのパンツよりも2cmほど丈を長くしたので、普段の長さだったら反射テープが無くなっていました。

    続きを読む
  6. 1975年式

    エンジンが掛からないハスラー125が入庫。ハスラーと言っても軽自動車ではありません。70年代に発売されていたスズキのオフロードバイクです。50ccから400ccまでありました。400はケッチンが凄かったなあ。すねやふくらはぎにあざを作った人が結構いました。中には流血や骨折した人も。

    続きを読む
  7. 本田宗一郎かるた

    昨日の定休日、店長は「本田宗一郎かるた」を受け取りに浜松市天竜区二俣へ。本田宗一郎の一生が詰まったかるたです。絵も小中高生の絵から一般の人まで、水彩画版画色鉛筆画など味わいのあるものばかりです。製作者の方の家に上げていただき、本田宗一郎(店長にとっては校長先生)について語り合ってきました。

    続きを読む
  8. LEDライト取り付け

    クロスカブ110にLEDライトを取り付けました。スフィアライトのRIZINGⅡ6000Kです。ドラレコ・ナビを取り付けているので、消費電力を抑えるために交換しました。ハロゲンに比べて明るくて、色もGOODです。最近では新聞配達のカブやベンリーにも取り付けています。寿命が長く安心です。

    続きを読む
  9. やっぱり

    やっぱり同じような修理が続きます。今度はアクシス・トリートの燃料ポンプ交換。走行中エンジンが止まってしまい、しばらく再始動できない状態に。燃料ポンプの不具合でした。燃料ポンプの延長保証でクレームで対応できました。このような対応は、ヤマハ正規取扱店だから出来る事です。

    続きを読む
  10. しばらく乗っていないFI車

    数年間エンジンを始動していないインジェクションのエイプが入庫。タンクキャップを外すとガソリンが腐った独特の臭い。ガソリンを入替、良いバッテリーを付けてキーをONにしましたが、燃料ポンプの作動音がしません。ポンプのカプラまでは電気が来ています。古くなったガソリンがポンプ内で固着しているようです。

    続きを読む
ページ上部へ戻る