パーツ

  1. 8万キロも走れば

    ブレーキランプが点きっぱなしのディオ110。リヤブレーキレバーにガタが出ていました。レバーを外すと取り付け部の穴が楕円に。取付ボルトは鉄、レバーはアルミ。8万キロも走ればアルミの方が摩耗しますね。レバーを交換して作業完了。

    続きを読む
  2. 今日の車検

    今日は朝一番でGSX-R1000の車検に。午前中店は休ませていただきました。 車検整備中のR1000。帰着後昨日整備した教習車の納車。教習車のクラッチ交換は3台目になると1台目よりもさすがに早く出来ました。しかし、一番時間が掛かるのはバンパーの取り付けかも?傷だらけの曲がったバンパー。

    続きを読む
  3. ハイブリッドバッテリー

    先日納車したPCXeハイブリッドのハイブリッドバッテリーです。エンジンを始動したり電装系を作動させる通常のバッテリーも付いていますが、ハイブリッド用のバッテリーはメットインボックス後方の下にあります。ハイブリッドの整備には感電防止などの注意が必要です。

    続きを読む
  4. EXCVA交換

    車検で入庫のGSX-R1000K7。異常を知らせる警告灯が点灯。車体の自己診断機能ではC46の表示。 コンピューター診断機で調べるとP1657-Lの表示。 エキゾーストコントロールバルブアクチュエーター(EXCVA)のエキゾーストコントロールバルブ(EXCV)全閉時の出力電圧異常です。

    続きを読む
  5. 昨日に続き

    昨日ドラレコ取り付けが途中で終わったアドレス125。本体はメットインスペースの底に貼り付け左サイドにコードを通す穴を開け、グロメットを付けて水や埃が入らないように処理。カメラの位置を調整して完成しました。このような作業は、ポン付けではないので苦労しますが達成感はあります。

    続きを読む
  6. ドラレコ取り付け

    アドレス125にドラレコを取り付け。ハンドル回りにはスクリーンやナックルガードが付いているので、悩んだ末にフロントカメラは写真の場所に。リヤカメラはステーを使ってナンバーと共締め。本日仕上げる予定でしたがオイル交換等の来店が多く、完成は明日以降に。次は本体の取り付け方法で悩みます。

    続きを読む
  7. メインスイッチ交換

    メインスイッチがONの状態で鍵が抜けてしまうアドレスV125が入庫。翌日には同じ症状でプレスカブが入庫。どちらもメインスイッチの交換となりましたが、同じ修理が続くのはやっぱり不思議です。

    続きを読む
  8. ドラレコ取り付け

    U様のVストロームにGSRからドラレコを移設。今回はカメラを正面に取り付けできました。リヤはステーを使ってナンバープレート右上に取り付け。今回困ったのは本体の設置場所。シート下に何とか場所を見つけて設置できました。ドラレコやETCはポン付けではないので、取り付け場所に頭を使います。

    続きを読む
  9. 山派

    ETCの取り付けて入庫したヤマハ・セロー。スイングアームに山派のステッカーが。思わず笑ってしまった店長です。

    続きを読む
  10. クロスカブカスタム

    月千キロツーリングするI君のクロスカブを冬仕様にカスタム。グリップヒーターとハンドルガードと風防を取り付け。ハンドルガードは結構加工しました。風防はスマホホルダーも取付できるエンデュランス製。寒さに負けずに走ってください。ありがとうございます。

    続きを読む
ページ上部へ戻る